実務者研修修了者の就職について

サービス提供責任者として働けることが最大のメリット

実務者研修を修了する最大のメリットは、介護福祉士の国家試験で実技テストが免除されるということですが、実務研修を修了していると、福祉現場において働ける場がり、最大のメリットはサービス提供責任者として働けることです。

 

実務者研修修了者の就職は、老人ホームやデイケアセンターなどが主ですが、訪問介護事務所にも就職することができます。
老人ホームといっても様々な種類があり、ほとんど寝たきりで常に人の介護が必要なお年寄りが入る特別養護老人ホームから比較的経度で自分の身の回りのことができ個室になっている軽費老人ホームなど、あらゆる種類の老人ホームへの就職が可能です。
短期ケアハウス、通所介護施設、介護医療施設などもあります。

 

高齢者施設だけでなく、保育所など児童を対象にした施設への就職も可能です。
乳児院、児童施設などです。

 

また、生活困窮者に対する施設への就職も可能です。
たとえば、更正施設、救護施設などです。

 

そのほか、婦人保健施設、母子生活支援施設など、人の生活に密着した援護施設全般への就職が可能で、活躍できる場が広範囲に及びます。
訪問介護事業所に就職するとサービス提供責任者という重要なポジションに就くことができます。

 

サービス提供責任者は訪問介護事務所に一人配置することを義務付けられています。
サービス提供責任者として働くにはいくつかの条件があり、実務研修を修了したもの、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級+実務経験3年、介護職員基礎研修(介護職員初任者研修)修了者です。
また、医師や看護婦にしか認められていないタン吸引・経官栄養補給などの医療的ケアをする事が認められています。
医療現場との連携役として大きく期待される仕事を任されることもあります。