実務者研修の学校選び

自分の状況に合った学校選び

受講内容は同じ。勉強しやすい環境を選ぶ。

勉強!

実務者研修を行っている医療・福祉系の養成学校は全国にたくさんあります。
そのなかで、どこを選べば良いのか悩まされていませんか?国で定められた研修なので、講義内容は同じです。

では、何を判断基準にすれば良いのでしょうか?

 

学校選びの基準

受講料
受講方法
受講場所

まずは、最長で4〜500時間にも及ぶ講義を負担無く受講できる学校が良いですよね。
家庭のある方、働きながら受講する方、それぞれに事情はあると思います。
そういった自分の都合に合った学校選びがとても大切です。

 

通信で学ぶことができる学校

忙しくて通学するのが難しい方は、通信制の学校があります。
通学の必要が無く、テキストで自宅学習を行いレポートを提出することで受講したとみなされます。

技術面での講義は演習が必要なので、数日だけ通学が必要です。

自宅近くを選ぶのも良いですが、通信制の学校の多くは全国各地に演習会場を設けていることが多いので、学校の場所などを悩む必要はほぼ無いといえます。

 

学校ごとに特色があるので自分に合った学校選びをしよう

入学の時期など自分の都合に合わせて選ぶことのできる学校もあります。
現役の介護現場で活躍する講師の講義が受けられる学校、資格取得後の就職の相談にも乗ってくれる学校。
通信制では不安という方は休日だけ講義を行ってくれていたり、自分の予定に合わせて講義の日を選択できる学校などもあり、学校それぞれに特徴があります。

 

どの学校でもレベルの高い講義内容で、資格取得後はより質の高い介護が提供できることは間違いありません。
学校を選ぶ際には、より難しい知識を身に付けなければいけないので、ストレスの無い学習が必要となります。
そのためにも自分の今の状況に合わせた学校選びをして、決して資格取得を諦めないで頂きたいです。

 

介護の仕事はこれからますます必要となり、そのなかでも医療的ケアのできる実務者研修の修了者は、とても必要とされ就職に有利といわれています。
是非良い学校を選んで実務者研修を受講しましょう。

 

質のよい介護をするには、よい学校選びから!