未経験の挑戦は無謀?

介護未経験でも本人の意思次第で挑戦は可能です。

介護サービスを利用する人が多くなってきたこともあり、介護業界で仕事をする人も増加しています。
介護の仕事をする場合、専門の資格が必要です。
介護の資格の種類も様々ですが、その中で介護福祉士の資格に興味を持つ人が増えています。
この資格があれば、介護施設などで専門的な仕事を行うことも可能です。
しかし介護についての全く経験がない場合でも、仕事に就くことができるのでしょうか。

 

■介護業界の成り立ちや現状について

 

介護業界を目指している人も増えていますが、まずはその現状を把握しておく必要があります。
介護業界と言うのは、まだ新しい業界ですので未開拓の部分も多いのです。
2000年に開始された介護保険制度によって、民間企業での介護サービスの提供が認められました。
それ以降民間の介護の規模が一気に拡大していきます。
そしてその時同時に、「業務の効率化」「利益追求」「サービス業務」と言ったものが介護業界の中に持ち込まれていきます。

 

■未経験でも可能な仕事です

 

現在介護業界は慢性的な人手不足に陥っており、また景気などの悪化と相まって多くの未経験者が介護市場へと参入してきています。
その中には、介護の仕事や実態をあまりよく知らない転職者が多くなっています。
そのように安易な気持ちで介護職に就いて、「給料が低い」「仕事が大変」などの理由で、次々と辞めていっているのが現状でもあります。
まだまだ新しい業界ですので、安易な気持ちで選択する人も多いのです。
しかし介護に対する自分の信念をきちんと持っていれば、たとえどんな試練があっても乗り越えていけます。
実際に介護の仕事をしている人の中には、全くの未経験者の方もたくさんいます。
このように、介護業界は未経験の方でも可能な世界です。