実務者研修の難易度

介護の基礎知識が必要

受験資格はないが介護の経験がある前提

勉強!

実務者研修という介護の研修を受けるのには、受講資格などは要りません。実務者研修を修了することで介護福祉士の受験資格が得られます。

 

実務者研修は研修時間がとても長く、試験勉強に集中するため早期に受講しておく人もたくさんいます。

 

内容は専門的で基礎知識が必要

介護福祉士という介護のエキスパートになるために必要な研修内容となっており、受講資格などはありませんが、ある程度の知識や経験がないと内容を把握し講義についていくことはとても困難で、研修を修了することはできません。
介護の更なるスキルアップのための実務者研修ですから、基礎知識などはあって当たり前のことなのです。

 

サービス提供責任者への道が開ける

実務者研修を修了することで、訪問介護の現場で必ず設置が義務付けられている、サービス提供責任者という管理する立場になることができます。
管理する立場なのですから、知識や技術が伴わないといけませんし、後輩の育成なども必要となります。

 

実用的な行為を行うことができる

介護現場でも、従来医師や看護師しか行えなかった痰吸引や経管栄養のケアもできるようになり、よりたくさんの人にサービスを提供することができるようになります。
それに伴い、それだけ危険も増えていきます。そのためにより多くの知識と経験が必要となってきます。
それだけ介護福祉士の立場を確立するための研修なのですから、難易度はとても高いといえます。

介護福祉士を受けるだけの知識や技術が必要なので、誰でも受講できるからといって簡単に修了できるものではありません。

 

介護の勉強を始めたばかりの人や、将来的に介護福祉士を・・・と考えている人は、いきなり実務者研修ではなく、初任者研修など基礎的な研修もあるので、まずはそういったスタートラインから始めてみるのをお勧めします。

 

基礎から学びステップアップしていくことが実務者研修修了への近道