実務者研修の受講資格

介護のエキスパートになるための研修

介護の質の向上に実務者研修が新設されました

資格の勉強!

実務者研修を受講するにあたって、現段階では特にこれといった必要な資格はありません。

誰でも受けられる研修ですが、内容はある程度の知識がないとついていけないような介護の専門的な内容となっています。

 

初任者研修を経て実務者研修に臨むのが一般的です

初めて介護の勉強をする人は「初任者研修」をまず受けておくと良いでしょう。
平成28年より、介護福祉士の受験の際にこの実務者研修の修了が必須とされ、介護のエキスパートになるための勉強といえます。
そのため、介護現場で働いている人や既に介護の資格を持っている人が対象とされています。

 

介護の質の向上に

今まで無資格でもできてしまっていた介護の仕事。
きちんとした知識が無いまま介護をして、事故などもたくさんありました。
介護福祉士の受験でも、今までは資格が無くても実務経験があれば試験を受けられるのが現状で、国家資格というには少し質が低いとされていました。
そのため介護の質を向上させるために「資格」をそれぞれ設け、資格に応じた仕事内容が定められました。

 

実務者研修を修了することで介護の幅が広がる

介護の仕事の中でも、実務者研修を修了すると何ができるようになるのでしょうか?

まず、訪問介護分野においてサービス提供責任者になることができ、訪問介護事業所には必ず一人必要です。
全体を把握しておかなければならないので、それだけの知識が必要です。

 

たん吸引ができるようになります

今まで医師や看護師のみが行っていた「たん吸引・経管栄養」もできるようになり、より一層介護の質が高まります。
長く介護の仕事をするなら、利用者によりよいサービスを提供できるよう「実務者研修」でスキルを磨いてみてはどうでしょうか?実務者研修の受講内容は持っている資格によって異なります。
働きながら短期間での受講はとても難しく、長期間かけて受講したり通信で受講することができます。

 

働きながら受講できる学校もあります!