実務者研修の費用

通信講座でも15万円程度かかる

実務者研修にかかる費用には、研修を受ける専門学校、通信講座、通学などによって異なり、また今までに受講したことがある講座があると、その研修が免除になるので、だいたい3〜21万円の開きがあります。
通信講座でも15万円前後かかります。

 

介護に関する受講が初めてで、無資格の人が実務研修を受講するという場合、15〜20万円はかかります。
決して安い費用ではないので、無理なく研修を受けることができ、確実に研修を終えることができる自分自身のライフスタイルに合った研修方法を選びましょう。

 

また、介護職員初任者研修の場合、研修料が無料になる職業訓練校がある都道府県もあります。
実務研修に関して給付金が支給される職業訓練校もあります。

 

このような公共の職業訓練校で研修を受けるには、受講できる条件があります。
受講対象者の条件とは、社会人だけど離職中であり、雇用保険にも入っていないので、失業手当も受けることができない人です。
この受講条件に当てはまる人は、このような公共職業訓練校を利用することができ、研修費用を節約することができます。

 

ハローワークの職業訓練受講給付金を受けることができる研修もあります。
生活の困窮している人が対象で、働いてはいるけれども、月8万円の収入しかないなどの条件に当てはまる人が対象です。
月の生活が最低保障されるため、月々10万円も支給されます。

 

実際、どの学校で実務者研修を受講するかで、受講費用が大きく違ってくるので、ライフスタイルに合った学校や通信講座を選ぶのがいいです。
たいがいの人は職業訓練校でなく、専門学校や通信講座の実費受講になるので、さまざまな学校の資料請求して、受講費用を比較検討するのが良いです。