実務者研修をとった後のプラン

実務者研修を修了してまず目指すのは介護福祉士です。

 

これまでは介護福祉士の国家試験を受けるための条件として「実務経験3年以上」というものがありましたが、これからは「実務経験3年以上」+実務者研修終了という2つの条件が必要になります。

 

なので、実務者研修を修了したからと言ってすぐに介護福祉士の国家試験を受けることができるわけではありません。しかし、介護福祉士の国家試験に向けての勉強は早いうちからやっておいて損はないので、空いてる時間などを勉強に費やしても良いでしょう。

 

介護福祉士になり、7〜8年の実務経験、居宅、施設での現場経験を積むと、認定介護福祉士を目指すこともできます。

 

認定介護福祉士とは介護現場におけるユニットリーダーの育成、介護チーム全体の資質の向上を促す役割があります。

 

また、利用者支援の過程で様々な職種との関わりの中で中核的な役割を担うことになります。認定介護福祉士は介護の資格の中でも最も上に位置しており、介護技術だけではなく、人材育成能力、連携能力など様々なスキルが求められます。

 

また、サービス提供責任者になるための要件にこれまでは無かった実務者研修修了者が加わったため、実務者研修を終えるとサービス提供責任者になることができます。

 

サービス提供責任者は訪問介護の現場において、利用者と職員の配置を考えたり、利用者の家族との話し合いを行ったり、ケアマネージャーからのプランに基づいた介護計画を立てたりします。

 

また、他職種との関わりが非常に大切になってくるので、管理者としてのスキルも身に付けることができます。
このように、実務者研修を終了した段階で終わりではなく、さらに上のステップを目指すことができるようになりました。