実務者研修記事一覧

実務者研修とは

キャリアアップは実務者研修からはじまる実務者研修とは、介護分野の仕事においてより質の高いサービスを提供できるように、実践的な知識や技術を身につける研修のことです。介護福祉士の国家試験を受ける際、この実務者研修を行っていると実技試験が免除されるほどとても質の高い研修といえます。また、平成27年度より実...

≫続きを読む

実務者研修の受講資格

介護の質の向上に実務者研修が新設されました実務者研修を受講するにあたって、現段階では特にこれといった必要な資格はありません。誰でも受けられる研修ですが、内容はある程度の知識がないとついていけないような介護の専門的な内容となっています。初任者研修を経て実務者研修に臨むのが一般的です初めて介護の勉強をす...

≫続きを読む

実務者研修の難易度

受験資格はないが介護の経験がある前提実務者研修という介護の研修を受けるのには、受講資格などは要りません。実務者研修を修了することで介護福祉士の受験資格が得られます。実務者研修は研修時間がとても長く、試験勉強に集中するため早期に受講しておく人もたくさんいます。内容は専門的で基礎知識が必要介護福祉士とい...

≫続きを読む

実務者研修の学校選び

受講内容は同じ。勉強しやすい環境を選ぶ。実務者研修を行っている医療・福祉系の養成学校は全国にたくさんあります。そのなかで、どこを選べば良いのか悩まされていませんか?国で定められた研修なので、講義内容は同じです。では、何を判断基準にすれば良いのでしょうか?学校選びの基準受講料受講方法受講場所まずは、最...

≫続きを読む

学生の実務者研修

介護福祉士の国家試験の受験資格には、実務者研修の修了が必須となりました。では、高校や専門学校など介護福祉士養成施設の卒業者または卒業予定者の場合はどうなるのでしょうか?介護福祉士を取得するための講義や実習を経て国家試験に挑んでいたにも関わらず、それに加えて4〜500時間にも及ぶ実務者研修を受講しなけ...

≫続きを読む

社会人の実務者研修

今後、介護福祉士の国家試験を受けようと考えている人の中には、現在働いている社会人の方も多くおられるます。介護福祉士の受験資格は、介護福祉士養成施設の卒業または卒業予定者・介護現場での3年以上の経験者と定められており、介護現場で働いて条件が満たせば介護福祉士を受験しようと考えている方もおられるでしょう...

≫続きを読む

実務者研修の費用

実務者研修にかかる費用には、研修を受ける専門学校、通信講座、通学などによって異なり、また今までに受講したことがある講座があると、その研修が免除になるので、だいたい3〜21万円の開きがあります。通信講座でも15万円前後かかります。介護に関する受講が初めてで、無資格の人が実務研修を受講するという場合、1...

≫続きを読む

実務者研修の開講時期

実務者研修を受講するのに開講時期に申し込むのを忘れると、受講時期が長引いてしまいます。開講時期を逃してしまうと、介護福祉士国家試験受験も遅れます。実務者研修は1年のうち、いつごろ開講されるのでしょうか? 実務者研修の開講時期は、社会福祉公団、専門学校、スクール等で違いがあり、毎月開講されているスクー...

≫続きを読む

実務者研修の申込み方法

実務者研修修了が平成28年度の介護福祉士国家資格の受験条件の一つになりました。このため実務者研修を受講する人の数が多くなり、講座受講の数もそれ以上に多くなりました。受講の申し込みも様々、郵送、FAX、web申込みフォームなど、いくつか方法がありましたが、申込み手続きが早いWEB申込みフォームは以外と...

≫続きを読む

実務者研修の通信講座

平成28年度の介護福祉士国家試験受験資格は実務者研修+実務経験3年となりました。福祉現場での仕事では実務者研修修了者を必要としています。このため実務者研修受講者が専門学校などの通学・通信講座 ともに受講者が急増しています。介護現場では、実際、適切な介護ができる人が不足しています。そのため、高い知識と...

≫続きを読む

実務者研修修了者の就職について

実務者研修を修了する最大のメリットは、介護福祉士の国家試験で実技テストが免除されるということですが、実務研修を修了していると、福祉現場において働ける場がり、最大のメリットはサービス提供責任者として働けることです。実務者研修修了者の就職は、老人ホームやデイケアセンターなどが主ですが、訪問介護事務所にも...

≫続きを読む

実務者研修を受ける準備

実務者研修を受ける上で準備しなければいけないのはまず自分がどのくらいの時間研修を受けるのかを知ることと、その研修にいくらお金を使うのか、どこの講座で受講をするのか、ということです。介護職員初任者研修、ホームヘルパー1級、2級、介護職員基礎研修の資格を持っている人では、実務者研修を受ける時間、金額も大...

≫続きを読む

実務者研修のカリキュラム

実務者研修のカリキュラムは「人間の尊厳と自立、社会の理解T・U、介護の基本T・U、コミュニケーション技術、生活支援技術T・U、介護過程T・U・V、発達と老化の理解T・U、認知症の理解T・U、障害の理解T・U、こころとからだのしくみT・U、医療的ケア」のように分かれています。介護職員基礎研修を修了して...

≫続きを読む

実務者研修をとった後は?

実務者研修を修了してまず目指すのは介護福祉士です。これまでは介護福祉士の国家試験を受けるための条件として「実務経験3年以上」というものがありましたが、これからは「実務経験3年以上」+実務者研修終了という2つの条件が必要になります。なので、実務者研修を修了したからと言ってすぐに介護福祉士の国家試験を受...

≫続きを読む

試験に受かるコツ

試験は講座を実施している企業によって異なりますが、今回はある企業の試験についてお話します。まずスクーリングの際に科目ごとにテキストを読んだ際のレポートと一問一答のテストを提出します。レポートは基本的に合格しますが、一問一答のテストは何人か不合格者が出ています。しかし、同じテストを再提出すれば合格する...

≫続きを読む

合格率について

合格率について一概に割合を出すことは難しいです。なぜなら国家試験とは異なり、それぞれの実施している主体によってテスト内容や、テストの形式が異なるからです。ある会社ではスクーリニングの際にレポートと一問一答形式の課題を提出しますが、再提出になることもあります。しかし、レポートも一問一答形式のテストも同...

≫続きを読む

試験内容について

試験内容も実務者研修の講座を実施する事業によって異なります。ある会社ではテストは大きく分けて、レポート、一問一答形式のテスト、実技試験、この3つです。まず、レポートでは各教科ごとのテキストを読んで、それに基づいた内容を要求されます。例えば、「高齢者の老化について1000字以内でまとめなさい。」といっ...

≫続きを読む

仕事をしていてよかったこと

介護の仕事をしていてよかったと思うことは本当に多くあります。1つ例を挙げます。認知症で普段まったくコミュニケーションが取れず、暴言を吐いたり、暴力を振るってくる利用者がいます。その利用者を夜、ベットに連れて行って横になったとき、「ありがと。」と言ってもらえたことがあります。それまでコミュニケーション...

≫続きを読む

仕事をしていて辛かったこと

介護の仕事をして辛いと思ったことは本当に多いです。まずは体への負担です。仕事上どうしても腰に負担をかける格好や、重いものを持ったりするため、腰が痛くなることはよくあります。また、夜勤、早出といった、普段慣れていない時間帯での出勤もある為、最初のころは勤務時間に慣れるために苦労したことを覚えています。...

≫続きを読む

平成28年度の国家試験からの変更点

介護福祉士の資格を取得するために、現在勉強している人も多いことでしょう。介護の仕事は専門職でもありますので、実際に仕事をするには専門の資格が必要です。その中で、介護福祉士の人気が高くなっています。介護福祉士資格ですが、今後その内容が変更されますので、受験を予定している人はしっかりと理解しておいてくだ...

≫続きを読む

実務者研修の修了者は現場で必要?

承知のとおり、平成28年1月より介護福祉士の国家試験から実務者研修の修了が必須になります。そのため現在介護福祉士試験を目指している人は、早目に取得しておくことをお勧めします。研修では様々なことを学びますので、今後の糧になります。■実務者研修の修了者次回の介護福祉の試験から実務者研修が必要になりますが...

≫続きを読む

費用をおさえて受講したい

介護の仕事に憧れて、介護福祉士を目指している人も多いのではないでしょうか。高齢化の影響もあり、今後介護サービスを利用する人も増加します。そのため、介護サービスを利用する人たちをサポートする人たちに期待が集まっています。その中の一つが介護福祉士になりますが、費用をおさえて介護福祉士の実務者研修を受講す...

≫続きを読む

もっている資格によって免除科目はある?

将来介護福祉士を目指している人も増えています。介護の仕事は専門職と言うこともあり、やりがいもあります。介護職であれば一生の仕事とすることもできます。それだけ魅力のある仕事です。実際に介護士になるためには、介護士試験に合格することが条件です。しかし介護福祉士試験は、現在自分が持っている資格により免除さ...

≫続きを読む

未経験の挑戦は無謀?

介護サービスを利用する人が多くなってきたこともあり、介護業界で仕事をする人も増加しています。介護の仕事をする場合、専門の資格が必要です。介護の資格の種類も様々ですが、その中で介護福祉士の資格に興味を持つ人が増えています。この資格があれば、介護施設などで専門的な仕事を行うことも可能です。しかし介護につ...

≫続きを読む