ソーシャルサポートネットワーク

地域の活性化にも役立つネットワーク

ソーシャルサポートネットワークとは個人や集団がお互いに支援や連携しあうネットワークのことで、実際ソーシャルサポートネットワークを組むことで健康上問題を抱えている人の健康状態が良くなったと言うことが証明されています。
このことから福祉関連施設では特にネットワークの広がりが大きな課題とされています。
また人々の連携による支援体制は高齢者や障害がある人の健康向上に役立っているだけでなく地域の活性化にも役立っています。

 

こうしたコミュニティーメンタルヘルスの身体的及びメンタル的向上は大変重要で福祉介護関連施設ではソーシャルサポートネットワークの形成は欠かせません。
「社会的支援」とも呼ばれていて大都市での一人暮らし高齢者の社会からの孤立や孤独死を防止するためにも必要なネットワークです。
ネットワークのおかげで人との結びつきが強まり人から受ける恩恵は計り知れません。
危ういところで人の命を救うことにも繋がります。

 

様々な分野で適用され測定されていますが、測定法の一つとしては個々の人間関係の結びつきです。
お互いコミュニケーションをとり問題があれば悩みを打ち明け相談し助言してもらい問題解決にまでいたったかどうかなどです。
または社会的に高いポジションについている人との知り合い人数も測定の対象になっています。
たとえばボランティア団体の役員、自治会役員、国会議員、都道府県庁上役など高い役職についている人との知り合いが多いほどサポートされる頻度や可能性が高いことを表しています。
またソーシャルサポートネットワークとのつながりが強いほど心身の安定が大きく就・転職など仕事につく場合にも有利です。
これらのことからソーシャルサポートネットワークの重要性妥当性の研究が続けられています。