アセスメント

よりよい援助活動を行うためのアセスメント

高齢化社会の進展とともに、最近は福祉、特に介護の面が重要視されてきています。
介護を行う方、また介護を受ける方、それぞれが以前と比べてとても多くなっています。
ですので、介護の分野では今どういうことが求められているのか、よく把握しておく必要があります。
この介護分野では、アセスメントが重要に要素になってきます。
介護亜分野でのアセスメントというのは、一体どういうものなのでしょうか。

 

■現在の状況を把握する必要があります

 

介護分野で言われるアセスメントといのは、介護を行う過程の第一段階で、利用者が今何を求めているのか正しく把握する事です。
そしてその求められていることが、どのように状況から生じているかを調べる事になります。
事前に状況が分かれば、介護もやりやすくなります。
このようにして調査することで、どのような援助活動が最適なのか把握できます。
こりのようにアセスメントというのは、利用者が抱えている問題を分析して、よりよい援助活動を行うまでの一連の手続きをいいます。
アセスメントにより、それぞれのケースのニーズを把握できます。

 

■原因がわかれば、改善策も分かってきます

 

例えば高齢者が自分で買い物を楽しみたいと思っていても、それが実現できないケースがあります。
そういう時、どうすればその問題を解決できるのか、いろいろとアセスメントを行います。
自由に買い物ができないのはどうしてか、足腰が弱っていたり、お店が近くになかったりするケースもあります。
これらの課題を分析することで、本人の希望を阻害する原因を探り、よりよい方法を探っていきます。
問題解決にはさまざまな方法がありますので、そのなかから最良の方法を実践していくことなります。