なぜ今実務者研修が注目されているのか

介護の現場は拡大傾向、資格取得者が必要とされるこれからの社会

介護・福祉業界において「実務者研修」が注目されていますが、なぜ注目しているのか気になっている人も多いはず。
そこで、なぜ今実務者研修が注目されているのか調べてみました。
実務者研修について気になっている人、今後介護の世界で働きたいと思っている人はぜひチェックしてください。

 

●現場で求められている立場
実務者研修の資格を取得すると、現場で「サービス提供責任者」として働くことができます。
サービス提供責任者はよりレベルアップした介護サービスをおこなうことができ、医療的ケアも指示していくことができるので現場での立場も上がることになります。
実務者研修の資格があるからこそできる役目です。
最近の介護・福祉関連の求人をみてみると、このような役割を担ってくれる人をよく募集しているものがみられます。
よって、現在の介護現場で求められている立場ということで、実務者研修が注目されていると言えるのです。

 

●転職が難しい年代でも可能
転職が難しいとされる30代〜40代でも再び働くことができる業界として、福祉・介護関連が注目されるようになりました。
できるだけ良いところに就職するためにも、実務者研修の資格を取得しておいた方が良いとのことで「実務者研修」も注目されるようになったのです。
介護・福祉業界は常に人手が足りない状態となっています。ほとんどの求人では“未経験者OK”“年齢制限なし”と記載されているように、中高年の転職先としても選ばれています。
これから転職をしようと考えている30代〜40代の方は実務者研修は必見です。
資格を取得するだけでも給与面が大幅にアップできるので資格を取得しておいた方が有利なのです。