アセスメントで重要なこと

アセスメントで重要なこととは

介護サービスを受ける人たちが増えてきたこともあり、それらを支えるスタッフの役割も大きくなっています。
介護業界では現在、介護サービスを提供する介護スタッフの数が不足しています。
そのため限られた人数で、それぞれの役割を担っていく必要があります。
また現場では多くの課題も出てきており、介護業界におけるアセスメントも重要なものになっています。

 

■介護業界におけるアセスメント問題について

 

介護業界では様々な人たちが仕事を行っていますが、その中でも介護福祉士の役割も大きくなっています。
介護福祉士は介護業界の中で唯一の国家資格と言うこともあり、資格を取得する人も増えてきています。
介護福祉士の資格があれば専門的な業務にも従事できますので、責任感も生まれてきます。
同時に現在介護業界で問題になっている、様々な課題に対しても積極的に取り組んでいくことが求められています。
これらアセスメント問題については、介護福祉士だけでなく、全ての介護スタッフが取り組むべき問題です。

 

アセスメントで重要なことは、現状をしっかりと把握することです。
対象となる介護サービスの利用者が現在抱えている問題を、よく把握しておくことが大切です。
そのためには介護サービスを利用している方たちの病歴や生活暦、また家族構成、身体や心の状況、経済状況などを事前にしっかりと把握しておいてください。
そうすることで、介護サービス利用者自身が望むことを妨げている原因を分析でき、その方たちが望む生き方を実現することも可能になります。
このように本人が望む生き方を妨害している原因を探り、それをよく理解することが重要になります。
介護福祉士の方たちの力の見せどころでもあります。