初任者研修とは

ホームヘルパー2級に代わる資格

初任者研修とは、ホームヘルパー2級が廃止されそれに代わる新しい資格のことです。

では、廃止される以前にホームヘルパー2級を取得した人は資格を持っていないことになるのでしょうか?いえ、そんなことはありません。

改正以前にホームヘルパー2級を取得している人に関しては、「介護職員初任者研修修了者」として働くことが出来ます。

ホームヘルパー2級のときは、研修を受けるだけで試験などはありませんでした。

しかし「介護職員初任者研修」に代わったことで、必ず試験を受けて合格したものだけが修了できるようになりました。

研修内容は、介護に必要な基礎知識や技術を身に付けるようになっています。

介護現場でも介護の資格を持っていないと雇ってもらえなくなってきていますので、これから介護の仕事に就こうと考えている人は、まず「介護職員基礎研修」を修了しておく必要があります。

以前のホームヘルパー2級のときより資格取得が難しく敷居が高いように思われますが、そうすることによって「誰でもできる介護職」から「知識のあるものにしかできない介護職」になり、介護の質が高まりました。

介護の質が高まることによって、利用者さんにとってより安全で快適な介護サービスが提供できるようになり、介護を受ける側・介護をする側の双方のストレスを軽減することにも繋がります。

介護の仕事は肉体的にも精神的にも大変な仕事です。

しかし、現段階での介護者の立場はとても低く、待遇もあまり良いものとはいえません。

そのせいで介護現場では人員不足に陥ってしまっています。

それらを解消するためにも、介護の資格の見直しは必要なことなのです。

これからますます必要となる人材です。

介護職に興味がある人は、是非「介護職員初任者研修」を取得してください。