サービス提供責任者とは

訪問介護サービスのまとめ役

サービス提供責任者とは、介護の訪問介護部門においてとても重要な役割を果たします。

まず、これから介護サービスを受けるご本人とご家族のところに訪問して、今の状況と介護サービスの希望を伺います。

介護はご本人だけではなく、ご家族の負担の軽減のためにも必要なことなので、双方の希望を聞いてサービス内容を決めることが重要です。

サービス提供責任者が、こういった下準備をしてようやく介護サービスが始まります。

そして、サービス提供責任者の仕事はこれだけではありません。

介護サービス開始後も、ヘルパーさんのリーダーとなって良き相談役となります。

利用者さんとヘルパーさんの間に立ち、良い関係を築けるような人員配置が重要です。

さらにデスクワークもとても重要な仕事です。

ケアマネジャーさんが計画した介護プランを詳細にし、定期的に評価していくこともとても重要です。

それらをきちんとすることによって、利用者さんに今最も必要なことが見極められ、その都度それに応じた計画を立案していきます。

病気や障害はずっとそのままではありません。

良くもなれば悪くもなります。

そのため、同じプランをずっと使い続けるわけにはいきません。

これらのことからサービス提供責任者とは、訪問介護サービスにおいての「まとめ役」のようなものだということがわかります。

そのため、訪問介護事業所では必ず設置が義務付けられており、これからもますます必要とされる人材です。

現在訪問介護のヘルパーなどで活躍している人は、その経験を活かして是非サービス提供責任者の資格取得を目指してみませんか?せっかく経験を積んだのですから、その知識と経験をそのままにしておくのは勿体無いですよね。