サービス提供責任者の待遇

事業所に必要な人材

介護職の現状と将来性

サービス提供責任者の待遇

サービス提供責任者は、肩書きこそ「責任者」となっていますが待遇では他のヘルパーとさほど変わらないのが現状です。


訪問介護事業所ではサービス提供責任者の設置が義務付けられており、近年の高齢化社会でますます訪問介護においても必要となってきている人材ではありますが、資格のレベルはそう高くはありません。


それは、介護福祉士や看護師・ホームヘルパーで数年、または研修さえ受ければ未経験者でもサービス提供責任者になることができるからです。簡単に言えば誰にでもサービス提供責任者になることができます。


より多くの知識と技術が必要

サービス提供責任者の待遇

しかし、仕事内容はとてもハードで、ケアマネジャー・ヘルパー・利用者さんやご家族の間に立って、より良いサービスを提供できるように考えていかなければいけません。


他のヘルパーのリーダー的な存在ですから、管理や指導なども必要になり、より多くの知識と技術が身に付いていないといけません。


そのため、介護職に関する法律の改正などがされ、単純に「誰にでもできる」職業ではなくなりつつあります。


実務者研修で高い医療技術が身につく

サービス提供責任者の待遇

サービス提供責任者も同様に、経験の浅いものをサービス提供責任者としている事業所は、介護報酬が少なくなったりします。


今後は、ホームヘルパーが廃止になりますし、研修も実務者研修というとてもハイレベルな研修へと変わりました。


実務者研修は、痰吸引や経管栄養の講義があり、修了すると医師や看護師らと同様にケアできるようになります。



それだけレベルの高い講義に未経験者がついていけるのでしょうか?そういった今まで医師や看護師らにしか行えなかった医療の分野にも関わりの深い資格なので、今後は待遇も良くなってくると考えられています。

今後ますます必要とされる資格ですから、是非資格取得を検討してみてはいかがですか?

需要が高まるにつれて、待遇も良くなる可能性が高い