サービス提供責任者になるには

現場の経験と資格が必要

サービス提供責任者の仕事

サービス提供責任者

ヘルパーの方々に対して指示・配置・研修などを行います。
また、利用者やそのご家族だけでなく、ヘルパーの良き相談役となることも重要です。
サービス提供責任者は事業所に必ず配置することが定められており、需要が高いことで注目を集めています。

 

サービス提供責任者になるには?

サービス提供責任者になるには、介護福祉士、看護師等、ホームヘルパー1級、実務経験3年以上のホームヘルパー2級であることが必要です。
これだけ見ると“介護経験者のための資格”と思われがちですが、実務者研修を修了していれば、すぐにサービス提供責任者の資格を得ることが可能です。

 

実務者研修

実務者研修は医行為である「たん吸引・経管栄養」などを学べることから、より専門的なカリキュラムが魅力です。
また、実務者研修を受講しておけば、介護福祉士の実技試験が免除になることから、将来的に介護福祉士を目指している方にもオススメです。
実務者研修はスクールや通信講座で終了するのが一般的です。
まずは資料だけでも取り寄せてみてはいかがでしょうか?

 

>>実務者研修の資料請求するならシカトル

 

介護職員初任者研修(旧・ホームヘルパー2級)

ヘルパー

一方で、介護職員初任者研修(旧・ホームヘルパー2級)も無資格・未経験で取得可能です。
こちらはホームヘルパー2級にとってかわる研修で、介護の入門といった位置づけです。
「まずはしっかりと基礎知識を身に付けたい」という人には、介護職員初任者研修をオススメします。

 

サービス提供責任者目指すなら実務者研修

サービス提供責任者は、訪問介護施設において沢山いる介護ヘルパーのまとめ役で、ただ単に介護に従事するだけではなく、介護ヘルパーや利用者を管理する立場として重要な仕事になってきます。そのため需要が多く、通常の介護職より高待遇を受けることが可能です。

 

2025年問題からも、今後の訪問介護サービス利用者の数は増加傾向であると思われ、施設の増加に伴うサービス提供責任者の数は更に必要とされます。

 

施設側の需要が高いことから求人条件も大変良い傾向にあります。勤務形態など自分のライフスタイルに合わせながら、高待遇で就職できるサービス提供責任者はとても魅力的な仕事です。

 

サービス提供責任者の業務内容

  • 訪問介護のコーディネーター
  • 介護保険で行われている在宅の訪問介護において非常に重要な役割を果たします。仕事内容は、まず利用者宅に訪問して生活全般の状況及び希望される支援などを伺い、利用者さんやそのご家族と介護利用についてよく話し合います。自立援助の方向性がまとまったら、具体的なサービス内容を決めて準備を整えます。

  • 訪問介護のアドバイザー
  • ヘルパー勤怠管理を行ったり、利用者とヘルパーの相性が良いかなど検討します。ヘルパーの業務上の問題を一緒になって考えたり、急に体調不良で休むヘルパーの代わりに現場へ出向いて従事することもあります。

  • 訪問介護のリーダー
  • サービス提供が決まると、ケアマネージャーからの計画に従い、より具体的な訪問介護計画書を作成します。その内容を評価したり必要に応じて再度計画を練り直したり、マネジメントを行います。いわば訪問介護の管理職として重要な役割を担います。

 

訪問介護の話し合い

 

サービス提供責任者を目指すなら、実務者研修を受けておきましょう。
介護の基礎力を上げたいのであれば、初任者研修⇒実務者研修という流れがいいかもしれません。

 

実務者研修は医行為である「たん吸引・経管栄養」などを学べることから、より専門的なカリキュラムが魅力です。また、実務者研修を終了すれば「サービス提供責任者」「施設長候補」として活躍することが出来るため、ステップアップが可能です。介護職に就きたい人はぜひ受講をおすすめします。

 

詳しい講座資料を請求しよう!

資料請求は完全無料0円で、必要事項を入力するだけで完了します。
まず資料を取り寄せてから、自分にあったスクールを検討してみてはいかがでしょうか?

 

>>実務者研修・初任者研修の資料請求するならシカトル