介護福祉士国家資格を最短取得するには

ライフスタイルに合わせて勉強する

介護福祉士は今後ますます有望になる国家資格です。
介護の手を必要としている高齢者の数はどんどん増えているのに対して、介護人は完全な人手不足です。
介護福祉士になると、介護現場では専門性の高いポジションにつけ、ヘルパーなど現在介護をしている人をマネージメントしたり、給料アップを期待することもできます。

 

同じ介護現場で良く混同されるのが社会福祉士です。
呼び名がにていますが、業務は違います。
身体障害者、高齢者など体に不自由な人の身体的ケアを施すのが介護福祉士です。
一方の社会福祉士はソーシャルワーカーとも呼ばれていて、身体障害者や精神障害者、高齢者など日常生活が困難な人に対してスムーズに生活ができるように、医療やデイサービスなどアドバイスする相談ケアをします。

 

介護福祉士国家資格を得る為には国家試験にパスしなけれはなりませんが、受験資格を得る為にはいくつかのルートがあります。
福祉系の高校を卒業してから一年間福祉施設で実務など、普通高校を卒業してから専門学校・短大・大学、それらの学業を終えると一年間福祉施設受講、福祉施設で2年間受講などです。

 

たいがいの人は福祉系の学校を経ず、福祉施設などで直接働き、実務経験を積んでいる人です。
この実務経験が大事で、平成27年度の国家試験受験資格には実務経験3年+実務研修と義務付けられました。

 

最短で介護福祉士国家資格を取得するには、介護施設などで働き、実務経験を積みながら実務研修を受けるのが一番早いです。
実務研修を受講するには、通信講座が便利です。
時間がない人、働きながら受験資格を得るのに最短で費用も安くつきます。
その他、夜間の専門学校で学ぶ、土・日だけ専門学校で学ぶなど、ライフスタイルに合わせたいろいろな方法があります。