看護と介護で迷っている方へ

本当に自分がやりたい仕事を選ぶ

これから資格をとろうと考えたときに「看護師と介護士のどちらを選べば…」と悩む人も多いでしょう。

看護師と介護士の違いは何なのでしょうか?人の役に立つことができ、病気や障害で困っている人のためになる職業であるのはどちらも同じです。

どちらがより人のために優れているかなど、違いはありません。

どちらも必要不可欠な職業で、これから益々人材が必要となります。

病気や怪我の最前線に関わり助けたいと考える人は看護師、慢性的な長期間の病気や怪我での障害がある人を助けたいと考える人は介護士が良いのではないでしょうか。

看護と介護の線引きは曖昧で、介護士がする仕事は看護師でもできることです。

しかし、介護士にはできないような看護師にしかできないことがあります。

そのこともあり一般的に看護師の方が立場が上で、介護士の方が立場が下だと思われがちです。

特に病院などでは介護者のことを「看護助手」と位置づけられてきました。

しかしそれは、その「看護助手」が無資格でもできる仕事だったからです。

有資格の看護師は給料が高く、無資格でもできる介護士は給料がとても安いと思われてきました。

そのことから看護師を志す人が多く、介護士をやっていても途中で看護師に転職してしまう人もいました。

しかし、最近は介護士の資格をより高めるように働きかけられており、資格が無ければ介護職に就けないようになってきました。

行く行くは看護師のように、介護士の全員が国家資格保持者になります。

そのことから給料も全面的に見直されてきています。

高齢化社会で介護の必要な人が増えて人手不足ということもあり、今まで医師や看護師しかできなかったことが介護士でも行えるようになりました。

きっとこれからもできることが増えて行くでしょう。

どちらを選ぶのか迷っている人は、仕事内容をよく調べて自分がより輝ける方を選択してください。