介護福祉士の資格とは

介護の現場で活躍できる資格

介護の資格には、介護福祉士という国で認められた国家資格があります。

介護福祉士になるには、毎年1月にある筆記試験を合格した後に3月に行われる実技試験に合格してようやく国家資格が与えられます。

介護福祉士の国家資格は、誰でも受けられるわけではありません。

専門学校などでのカリキュラムを受けて介護福祉士の国家試験を受ける資格が与えられます。

それ以外には、老人ホームなど介護の現場で3年以上の実務経験が必要となります。

更に将来的には実務者研修という研修を修了していることも必須となります。

現在、介護の仕事は無資格でも行えるのが現状です。

しかし、将来的には資格なしでは介護の仕事ができないように働きかけられており、ホームヘルパーなどの資格も全面的に無くしていく方向で考えられています。

介護という仕事をより専門的なものにし、安心してよりよいサービスが提供できるように変わっていきます。

介護福祉士の仕事内容としては、介護保険制度を利用している人の介護だけでなく、その家族の負担の軽減や介護指導や相談、記録の作成などがあります。

最近では、実務者研修というものがありそれを受けることによって、痰吸引や経管栄養なども行えるようになりました。

それだけ介護福祉士という資格は介護のエキスパートとして位置付けられており、介護福祉士の国家資格を持っていることで利用者や家族は安心して介護を任せられます。

介護の現場で働いている側も、仕事をする上でスキルアップしていくことはとても大切なことで、ぜひ国家資格を取得できるよう頑張って頂きたいです。

介護福祉士の国家資格を持っていると、介護の現場で活躍できる場面も増え、より自信にも繋がるでしょう。