介護福祉士の就職について

職探しには困らない有望な資格

介護福祉士としての就職に門戸は広く、将来、職探しにもには困らない有望な資格です。
50才でも正社員で雇用しているところもあります。

 

介護福祉士の就職は、老人ホーム・グループホームなどの入所施設やデイケアセンタ-などの介護施設での高齢者の食事介助、入浴介助、排泄解除など日常生活に伴う身体的、医学的ケアが中心になります。

 

また、通所施設、訪問介護事務所勤務などです。
さらに病院での就職、児童福祉施設、母子支援施設、更正施設など活躍できる場が広く、働く場に困るということがありません。

 

しかし、福祉業界で仕事につける確率は高いですが、たびたび問題視されているのが給料の低さです。
仕事は24時間サポートのシフト制で夜勤があるので、キツイわりに給料は低いです。

 

給料は気にならないという人にとっては、やりがいがある仕事、将来有望で良い職場です。
介護福祉士として長年働き続けている人は、この仕事が好きで仕事にやりがいを感じている人ですが、職場環境にもある程度左右されるので、職場選びも大事です。

 

介護福祉士求人票からでも職場環境を予想することができます。
採用条件、福利厚生、社会保険加入の有無、インターネットでは、働きたい施設の建物の外観、施設の中の写真画像などからも知ることができます。

 

仕事への熱意だけでなく、働きやすさという職場環境が、介護福祉士として長く働き続けることができるのかにも影響しています。
求人票がたびたび出されている施設は避けたほうが良いです。

 

職場環境を知ることができるという点では、福祉系の学校や専門学校生が有利です。
介護施設へ就職した先輩から施設のことを聞くことができ、実習などでも施設内の環境を知ることができるからです。