介護職に就いている人の実務者研修

持っている資格で受講時間が免除される

介護の法律の改正で、従来医師や看護師にしか行えなかった「痰吸引」や「経管栄養」など介護士にも医療的ケアが行えるようになりました。

しかし、とても危険が伴うケアになので、介護士ならだれでも・・・というわけにはいきません。

きちんと必要な知識や技術を身に付けているものだけが許されるケアです。

具体的には、「実務者研修の修了者」とされています。

講義内容は、介護者のスキルアップのためのレベルの高い介護の知識や医療的ケアについての講義などがあり、研修時間もとても長く4〜500時間にも及びます。

そのため、働きながら実務者研修を受けるのには負担が大きく、現在医療的ケアができる介護職員はまだまだ少ないのが現状です。

今後介護福祉士の受験資格では「実務者研修の修了」が必須になるので、今後は増えていく予定です。

しかし、それだと現在介護職に就いている人は医療的ケアができないまま・・・ということになります。

そのため、持っている資格に応じて研修内容や時間が変わるような措置もとられています。

更には各都道府県で行われているような介護に関する認知症などの研修を受けていると、更に時間が短縮されます。

ホームヘルパー2級だと約300時間、ホームヘルパー1級だと約90時間、介護職員基礎研修の修了者は約50時間ほどの研修で済みます。

それは、これらの資格を取る際の研修で必要な単位を取得しているからで、不足していることだけを補足すれば良いからです。

しかし、医療的ケアに関しては大きな危険を伴うケアになるので、必ず講義を受けなければいけません。

他の講義とは違い講義時間も長く、その他に別で演習を受ける必要があります。

大変なように思いますが、少しでも安全で安心な介護サービスを提供するには必要なことなので、是非「実務者研修」を修了して、スキルアップしましょう。