これから求められる人材

前向きな姿勢を持っている人

これから、介護の現場は益々の発展を遂げます。

高齢化社会や人手不足に伴い、人員の確保や介護者の立場の確率が必要不可欠になるでしょう。

介護者の立場が低ければ、賃金が低く介護職から離れていってしまいます。

体力の要る仕事ですし、給料が安いのに長く続ける人はあまりいません。

人手不足による負担で身体を壊してしまう人も多くいます。

そのため、人員の確保のために仕方なく経験のない人や知識のない人を雇うなどされています。

しかし、介護は病気や障害のある人を相手にするので、知識の無い者が介護を行うととても危険です。

しかしこれからは、事故防止などのことから有資格者にしか介護職に就けなくなります。

今後はホームヘルパーも無くしていき、行く行くは国家資格である介護福祉士に統一していこうと働きかけられています。

そのことで、今まで医師や看護師にしか認められていなかったことが、介護士でもできるようになってきています。

そのためにはきちんと研修などに参加する必要があり、よりスキルアップが必要になります。

そのため、そういった研修に前向きに参加する人や、新たに資格取得を目指そうと励んでいる人が介護の現場では必要とされています。

訪問介護の現場では、必ずサービス提供責任者の設置が義務付けられています。

それには「実務者研修」を修了している必要があるので、そういった人材はこれからも必要とされます。

施設においても、痰吸引が必要な人や経管栄養が必要な人が多くいます。

今までは医師や看護師にしかケアができませんでしたが、実務者研修を修了することによって介護士にもケアできるようになります。

訪問・施設関係なく、今後スキルアップしていこうという前向きな姿勢を持っている人が、これからは必要とされる人材です。