ケアマネジャーとは

介護支援サービスの橋渡し役

ケアマネジャーとは、簡単に言えば利用者さんの相談役のような存在です。

在宅で過ごす介護が必要な人はたくさんいます。

しかし、個人で介護サービスを探して利用するには限界があり、その橋渡し役を担うのがケアマネジャーです。

介護サービスは、訪問介護だけではなくさまざな種類があり、個人のボランティアなどもそうですし、地域の支援などもあります。

利用者さんに必要な支援を判断して、こうした介護支援サービスを利用できるように結び付けるのが、ケアマネジャーの仕事です。

では、具体的にはどのようなことをするのでしょうか?まず最初にすることが、介護の必要な高齢者やその家族の相談にしっかりと応じることです。

そこで利用者が必要としていることや困っていることを分析・判断し、利用者が適切な介護支援サービスを利用できるようにケアプランを作成します。

そして、利用者さんや家族だけでなく、市町村や介護事業者、主治医などと連絡をとって連携してその都度適切なサービスが受けられるように調整していきます。

その他にも、介護保険制度などの申請手続きの代行なども必要なことです。

介護の必要な高齢者の中には、一人暮らしの方も多くおられます。

そういった自分では申請や手続きができない方々のためにもとても必要な仕事です。

これらのことからケアマネジャーとは、介護の必要な利用者さんがより普通の生活、不便の無い生活に近づけるようにさまざまな介護支援サービスを利用できるように橋渡ししていくのがケアマネジャーの仕事であり、その利用者さんに関わる人々と連携が取れるように調整する役目だということです。

そのためより多くの介護に関する知識が必要で、どんな利用者さんにも対応できるようにしておかなければなりません。