資格取得のための勉強法

毎日勉強する時間を決める

介護の仕事は、資格を取得することによって行えるサービスが増えていきます。

介護の仕事は人を相手にする人ですから、必ずこれをやれば正解という方法はありません。

その人に合った介護方法があり十人十色です。

そのため、より多くの知識が無いと臨機応変に、その人に合った介護ができません。

やればやるほど遣り甲斐を感じますし、スキルアップを目指したいと感じる人も多いでしょう。

そのため資格取得を目指す人も多く、日々の勉強は欠かせません。

しかし、働きながらの資格取得のための勉強はとても大変です。

家族が居て、家事や育児に追われている人もいるでしょう。

学生の頃とは違い、「必ずこの時間は勉強!」というものがありません。

短時間で集中して、よりたくさんのことを吸収できなければいけません。

忙しいなかで集中するのはなかなか難しいですが、毎日勉強する時間を決めてしまえばどうでしょうか?空いた時間にしようと思っていても何かと用事ができたり、なかなか落ち着いて勉強ができない人もいます。

だから、あらかじめ決めておいて、その時間は勉強以外はしない!と決めておきましょう。

勉強の仕方としては、ただ闇雲に言葉を暗記しようとしても覚えられません。

勉強した知識は資格取得後も必要になることなので、一時的な記憶では資格を取得できたとしても、その後の介護の仕事には役に立たなくなります。

用語だけを覚えるのではなく、なぜこれはこうなるのか?この内容に繋がりのあるものは?など、その背景や繋がりも一緒に関連付けて勉強すると、一生懸命に考えながら勉強するのでとても記憶に残ります。

このように工夫して、ぜひ資格取得を目指して頑張ってください。

資格取得後は、より一層に介護の仕事が楽しくなるでしょう。