介護の資格・仕事

介護の資格・仕事記事一覧

介護福祉士国家試験の難易度

現在、介護の仕事は資格が無くても行えることもあります。しかし、徐々にホームヘルパーなどの資格が必須という事業所が増え、今後は介護福祉士という国家資格が無くては介護の職に就くことができなくなると言われています。それは今まで資格が無く、知識や経験が無くても介護をしてしまっていたことで、それだけのリスクを...

≫続きを読む

介護福祉士の資格とは

介護の資格には、介護福祉士という国で認められた国家資格があります。介護福祉士になるには、毎年1月にある筆記試験を合格した後に3月に行われる実技試験に合格してようやく国家資格が与えられます。介護福祉士の国家資格は、誰でも受けられるわけではありません。専門学校などでのカリキュラムを受けて介護福祉士の国家...

≫続きを読む

サービス提供責任者とは

サービス提供責任者とは、介護の訪問介護部門においてとても重要な役割を果たします。まず、これから介護サービスを受けるご本人とご家族のところに訪問して、今の状況と介護サービスの希望を伺います。介護はご本人だけではなく、ご家族の負担の軽減のためにも必要なことなので、双方の希望を聞いてサービス内容を決めるこ...

≫続きを読む

サービス提供責任者になるには

サービス提供責任者の仕事ヘルパーの方々に対して指示・配置・研修などを行います。また、利用者やそのご家族だけでなく、ヘルパーの良き相談役となることも重要です。サービス提供責任者は事業所に必ず配置することが定められており、需要が高いことで注目を集めています。サービス提供責任者になるには?サービス提供責任...

≫続きを読む

サービス提供責任者の待遇

介護職の現状と将来性サービス提供責任者は、肩書きこそ「責任者」となっていますが待遇では他のヘルパーとさほど変わらないのが現状です。訪問介護事業所ではサービス提供責任者の設置が義務付けられており、近年の高齢化社会でますます訪問介護においても必要となってきている人材ではありますが、資格のレベルはそう高く...

≫続きを読む

介護福祉士試験に合格するには

介護福祉士になるためには、まず国家試験を受けなければいけません。その国家試験を受けるためには受験資格があり、その要件が満たされていないと国家試験を受けることはできません。介護福祉士国家試験の受験資格介護福祉士国家試験を受験するには、以下の条件を満たす必要があります。特別養護老人ホームや介護老人保健施...

≫続きを読む

認定介護福祉士とは

認定介護福祉士は介護のスペシャリスト今後介護職の質の向上のために、新たに「認定介護士」という資格ができる予定です。現在は試験的に導入されており、今後いつ頃から新設されるかは未定ですが、近いうちに新たな介護の資格として公になるでしょう。認定介護士とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?簡潔にいえば...

≫続きを読む

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーとは、簡単に言えば利用者さんの相談役のような存在です。在宅で過ごす介護が必要な人はたくさんいます。しかし、個人で介護サービスを探して利用するには限界があり、その橋渡し役を担うのがケアマネジャーです。介護サービスは、訪問介護だけではなくさまざな種類があり、個人のボランティアなどもそうです...

≫続きを読む

初任者研修とは

初任者研修とは、ホームヘルパー2級が廃止されそれに代わる新しい資格のことです。では、廃止される以前にホームヘルパー2級を取得した人は資格を持っていないことになるのでしょうか?いえ、そんなことはありません。改正以前にホームヘルパー2級を取得している人に関しては、「介護職員初任者研修修了者」として働くこ...

≫続きを読む

介護の仕事で大切なこと

相手の立場になって考える「思いやりの心」介護の仕事でとても大切なのは、相手を思いやる「思いやりの心」ではないでしょうか。肉体的にとても大変な仕事です。人間を相手にするのですから、自分とは少し合わない性格の人もいるでしょう。認知症などでコミュニケーションが困難な人もいます。介護する側も人間ですから、い...

≫続きを読む

看護と介護で迷っている方へ

これから資格をとろうと考えたときに「看護師と介護士のどちらを選べば…」と悩む人も多いでしょう。看護師と介護士の違いは何なのでしょうか?人の役に立つことができ、病気や障害で困っている人のためになる職業であるのはどちらも同じです。どちらがより人のために優れているかなど、違いはありません。どちらも必要不可...

≫続きを読む

これから求められる人材

これから、介護の現場は益々の発展を遂げます。高齢化社会や人手不足に伴い、人員の確保や介護者の立場の確率が必要不可欠になるでしょう。介護者の立場が低ければ、賃金が低く介護職から離れていってしまいます。体力の要る仕事ですし、給料が安いのに長く続ける人はあまりいません。人手不足による負担で身体を壊してしま...

≫続きを読む

介護職に就いている人の実務者研修

介護の法律の改正で、従来医師や看護師にしか行えなかった「痰吸引」や「経管栄養」など介護士にも医療的ケアが行えるようになりました。しかし、とても危険が伴うケアになので、介護士ならだれでも・・・というわけにはいきません。きちんと必要な知識や技術を身に付けているものだけが許されるケアです。具体的には、「実...

≫続きを読む

資格取得のための勉強法

介護の仕事は、資格を取得することによって行えるサービスが増えていきます。介護の仕事は人を相手にする人ですから、必ずこれをやれば正解という方法はありません。その人に合った介護方法があり十人十色です。そのため、より多くの知識が無いと臨機応変に、その人に合った介護ができません。やればやるほど遣り甲斐を感じ...

≫続きを読む

介護福祉士国家資格を最短取得するには

介護福祉士は今後ますます有望になる国家資格です。介護の手を必要としている高齢者の数はどんどん増えているのに対して、介護人は完全な人手不足です。介護福祉士になると、介護現場では専門性の高いポジションにつけ、ヘルパーなど現在介護をしている人をマネージメントしたり、給料アップを期待することもできます。同じ...

≫続きを読む

介護福祉士国家試験の合格ライン

筆記試験の合格ライン介護福祉士国家試験には、筆記試験と実技テストがあり、どちらにもパスする必要があります。筆記試験の合格ラインは、120点中68点以上の問題項目と、筆記試験に設けられている10項目をすべてクリアしている必要があります。実技テストの合格ライン筆記試験に合格できたものだけが実技テストを受...

≫続きを読む

サービス提供責任者に最短でなるには

ポジション名称なので資格は不要サービス提供者は、ポジションの名称のことで、これといって資格が必要というわけではありません。サービス提供者という任務に就ける条件としては、介護福祉士、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級+3年間の実務経験者、介護職員基礎研修(初任者研修)を修了した者です。段取り、プラ...

≫続きを読む

これから求められる介護の有資格者

これから求められるのは介護現場において高い知識とスキルを有した国家資格を持った介護福祉士です。そのため実務者研修を受講する人はどんどん増え、福祉現場の活動・活躍の進歩は著しく発展していくに違いありません。今の福祉現場は介護の人手不足で、介護の資格を持っていない人も多く働いています、介護の正しい知識や...

≫続きを読む

介護福祉士の就職について

介護福祉士としての就職に門戸は広く、将来、職探しにもには困らない有望な資格です。50才でも正社員で雇用しているところもあります。介護福祉士の就職は、老人ホーム・グループホームなどの入所施設やデイケアセンタ-などの介護施設での高齢者の食事介助、入浴介助、排泄解除など日常生活に伴う身体的、医学的ケアが中...

≫続きを読む