横浜福祉カレッジの実務者研修

実践的な技術と知識が身に付く

横浜福祉カレッジは、株式会社若武者ケアという神奈川県横浜市を中心に介護サービスを行っている会社が母体となっています。

そのためより実践的な介護の知識や技術が身に付けられ、受講終了後の介護現場での活躍に期待できます。

横浜福祉カレッジでは、今後ますます必要とされる実務者研修に力を入れており、介護の専門家になる人材を育成しています。

実務者研修は介護の質を向上させるために、より専門的で実践的な介護の知識や技術を身に付けた人材を育成するための研修です。

ホームヘルパー2級が廃止された後に、その代わりとして設けられた「介護職員初任者研修」の上位資格となります。

現在ホームヘルパー1級や介護職員基礎研修の修了者が、今後は実務者研修の修了者となります。

実務者研修の研修内容は、介護現場での管理者となるためのより高度な知識や技術、医療的ケアについて学びます。

この実務者研修を修了することによって、サービス提供責任者という訪問介護事業所では必ず設置が義務付けられている管理者になれます。

サービス提供責任者は、利用者の相談役として利用者さんやケアマネジャーの間に立ってよりよい介護が提供できるように調整する役目のほか、ホームヘルパーのリーダーとなり管理していく役目を担います。

その他にも医療的ケアで「痰吸引」や「経管栄養」のケアを学びますので、今まで医師や看護師にしかケアを許されなかった痰吸引や経管栄養のケアができるようになります。

介護現場をよく知っている株式会社若武者ケアが母体となる横浜福祉カレッジで実務者研修を受けることによって、より現実的な医療的ケアを学ぶことができるでしょう。

是非学校選びでは選択肢に横浜福祉カレッジを入れておきましょう。