介護系資格のあれこれ

これからの社会に必要な仕事

高齢化社会に伴い、これからますます必要となる介護の仕事。

介護の仕事といってもさまざまな資格があります。

代表的なものとしては、訪問介護系の資格です。

介護の基礎知識を身に付けた介護職員初任者研修、その上位資格となるより高度な知識を身に付けた介護職員実務者研修、国家資格である介護福祉士、一般的にケアマネジャーと呼ばれる介護支援専門員、ガイドヘルパーと呼ばれる出掛ける際に付き添って援助してくれる移動介護従事者、介護事務などが挙げられます。

そのほかにも、介護だけでなく福祉全体に関わる国家資格の社会福祉士、介護の必要な方がより快適に自宅で過ごせるよう自宅を整える福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員、障害者や障害児への支援で必要な居宅介護従業者・重度訪問介護従業者や行動援護従業者など多くの介護系の資格があります。

そのなかでも必要とされているのが、初任者研修・実務者研修・介護福祉士・介護支援専門員であり、就職にも有利だといわれています。

その理由は、これらの仕事が資格なくしてはできない仕事だからです。

資格取得の難易度としては、初任者研修〜実務者研修〜介護福祉士〜介護支援専門員です。

これから介護の仕事に就きたいと考える人は、まず基礎知識を身に付けるために初任者研修を受けてから、介護福祉士への第一歩である実務者研修に挑戦することをお勧めします。

そしてやはり介護の専門家で国家資格でもある介護福祉士は是非目指して頂きたいと思います。

なぜなら近い将来、看護師のように国家資格なくしては介護ができないようにする考えがあるからです。

介護支援専門員に関しては、介護福祉士のステップアップとして資格を取得する人が多いとされています。

これらのことを踏まえて、自分がしたいと思える介護の仕事に就いて頂きたいです。