三幸福祉カレッジの実務者研修

実務者研修に力を入れている

三幸福祉カレッジでは、医療・福祉関連の資格取得やそれらの人材派遣・紹介を行っています。

最近は、介護福祉士国家試験の受験資格に「実務者研修」の修了が必須とされたことから、実務者研修に力を入れているようです。

実務者研修とは、より質の高い介護が提供できるように実践的な知識と技術を身に付けることを目的としており、介護の現場で必要なより専門的な講義内容となっています。

資格取得後は、自信を持って介護の専門家として働くことが出来ます。

実務者研修は、介護福祉士の資格を取るためだけに必要なのではありません。

今までホームヘルパーという資格がありましたが、それらが廃止され「介護職員初任者研修」と「介護職員実務者研修」の2種類に分類されるようになります、初任者研修は介護の基礎を学びますが、実務者研修ではより専門的なことを学び、相談役や管理者の立場になる人材を育成します。

実務者研修の講義内容には医療的ケアも含まれ、今まで医師や看護師でないとケアが許されなかった「痰吸引」や「経管栄養」のケアが行えるようになります。

三幸福祉カレッジでは、このような専門的内容を現場の第一線で活躍講師が講義をしてくれ、受講生の満足度も90%を超えています。

全国に100以上の教室を持っており、より多くの資格取得を目指す人を受け入れてくれます。

カリキュラムの内容は自宅学習と通学講習を併用しており、仕事をしながらでも無理なく学習できるようなスタイルになっています。

働きながらの資格取得は負担が大きく、諦めていた人も多かったでしょう。

三幸福祉カレッジなら、そういった負担軽減にも対応してくれますので、是非受講を検討してみてはいかがでしょうか?