介護福祉士の資格取得を目指すには、実務者研修が必須!

社会福祉制度(介護保険等)

実務者研修の座学のカリキュラム内容の一つに、介護保険を含めた社会福祉制度の項目があります。現在の介護システムを支えるために鳴りもの入りで導入された介護保険制度の内容、周辺の福祉について丁寧に説明されています。実務者研修は、将来的に介護福祉士になる人のための橋渡しのような役割で設立された資格です。ホー...

≫続きを読む

医療の知識

実務者研修では、医療の知識も勉強します。本来、医療行為ができるのが医師だけです。相対的医療行為と呼ばれる注射のような一部の行為は看護師でもできますが、基本的に実務者研修や介護福祉士のような介護職はできないと考えていいでしょう。ですが、医療知識がまったくないと、現場に出たときに適切なケアができない場合...

≫続きを読む

介護過程

実務者研修のカリキュラム内の、介護過程の項目は、介護技術をさらに発展させて、実際の介護の現場・システムをどのように運営していくかを、座学・グループワークやロールプレイを通して学んでいきます。実際に介護の現場に出たときに、どのような行動が必要とされているのかを理解し、実践的な体験学習でより現場に近い内...

≫続きを読む

たんの吸引、経管栄養

実務者研修のカリキュラム内の、たんの吸引・経管栄養は、ケアを必要としている人が生命を維持するために必要不可欠な内容です。高齢者がたんを喉に詰まらせて呼吸困難になるケースも、いまだに発生しています。気道を確保して呼吸を継続して行えるようにするには、たんの吸引はとても大切な技術です。また、経管栄養も、一...

≫続きを読む