介護教員

介護教員とは?

介護士の指導者として活躍する

 

介護士として働いている方の中には、このまま現場で働き続けたいという方もいれば、よりスキルアップして、今よりも多くのことに挑戦できる仕事がしたいという方など、人それぞれで違った思いを持っているのではないでしょうか。もし新しいことに挑戦したいのであれば、介護教員を目指すのをオススメします。介護教員は、将来介護職として働きたいという方に、様々な知識や経験を身に付けさせると共に、毎日現場では違ったやりがいのある仕事に挑戦しています。

 

待遇向上のチャンス

 

介護教員として働くのは、自分の経験を若い世代に伝えることが出来、充実した毎日を過ごすことが出来ますが、それと同時に待遇向上のチャンスでもあります。介護職の現場で働き続けるのもいいですが、その場合中々出世できないことも多く、収入もそれほど大きくは上がりません。その点介護教員は、現場で働くよりも給与が高くなりますし、その後のキャリアアップも介護職に比べてスムーズに進むので、将来的にはもっと収入を増やしたいという方は、現場でしばらく働いた後は、介護教員を目指して、準備を進めてみるのも良いかもしれません。

 

求められるスキルや資格

 

介護教員として働くためには、求められる要素が多くあります。まず実務経験は最低5年以上必要となるので、介護士として働く間、生徒に伝えるべき経験をきちんと積んで置かなければなりません。大学や高等専門学校で、教員として数年間働いていてもOKですが、そちらにしても介護の知識は多く求められるので、実務経験は持っておくべきです。条件を満たせば、研修を受けることが出来るので、カリキュラムを全て終えれば、晴れて介護教員として働くことが出来るようになります。