サービス介助士

サービス介助士とは

サービス介助士とは

 

介護職に関連した資格には様々な種類があり、取得することでよりスキルを伸ばし、仕事の幅を広げることが出来ます。サービス介助士では、正しい介護知識と技術を身につけるのはもちろん、様々なタイプの高齢者に対して、どのように付き合っていけば良いのか、中々知ることが出来ない詳しい知識を多く身に付ける事が出来ます。介護職に就いている方はもちろん、飲食店などのサービス業務に就いている方も、サービス介助士の資格を持つことによって、様々な現場で働くことが出来るようになるでしょう。

 

役立つ資格なのか

 

サービス介助士の資格自体は、何か特別な仕事が出来るなどの、特殊な資格というわけではありません。そのため、資格としての重要度はそれほど高くないと感じるでしょうが、後期高齢化が進む中、高齢者とのコミュニケーションについて学ぶことは、介護士として働く方にとっては、少なからず必要になる知識です。そうした知識を学ぶには、今までは現場で高齢者に触れるか、自分の身の回りの高齢者と接する以外に手はありませんでしたが、サービス介助士の資格が出来たことで、そうした知識を前もって知ることが出来るのは、少なからずプラスになるでしょう。

 

サービス介助士の資格

 

サービス介助士の資格は、3級から2級まで用意されています。3級は中高生向けの資格なので、介護職希望の方は、この段階で取得しておくと、介護に関する基礎的な知識を身に付ける事が出来ます。準2級と2級ですが、準2級を受けなくても、すぐに2級を受験できるので、自信があるならいきなり2級の勉強を始めるのも良いかもしれません。試験を受けるには、準2級の場合は課題提出、2級の場合はそれに加えて12時間の実技教習が必要なので、詳しくは公式サイトをチェックしてください。