介護福祉士の資格取得を目指すには、実務者研修が必須!

移動介護従事者(ガイドヘルパー)

ガイドヘルパーとは、外出介護員とも呼ばれています。「ガイド」は案内人を意味し、「ヘルパー」は手伝いをする人という意味があります。つまり眼の不自由な人、知的障害などの人の外出に対する援助を行うのが仕事です。正式名称は移動介護従事者と言い、始まりは1974年の盲人ガイドヘルパー事業です。その後、脳性まひ...

≫続きを読む

重度訪問介護従業者

重度訪問介護は重度の肢体不自由者または知的障害や精神障害により行動上著しい困難を生じる者で常時介護を必要にする障害者に対して、居宅において訪問介護を行います。対象者は障害程度区分が4以上で、2肢以上に麻痺などがあり、障害程度区分の認定調査項目のうち歩行や移乗、排尿、排便のいずれも「できる」以外と認定...

≫続きを読む

福祉レクリエーション・ワーカー

福祉レクリエーション・ワーカーは福祉施設や社会福祉関連の業種などで福祉レクリエーション活動を行うための専門家です。この資格を取得することでレクレーションを通じて一人一人の生きがいづくりに役に立てたり、集団の状況に応じたレクリエーションを企画出来たりします。この資格を取るための講習会の受講資格はレクリ...

≫続きを読む

児童福祉士

児童福祉司は児童福祉法第11条の規定に基づいて全国約200か所ある自治体の児童相談所員です。各地の児童相談所で18歳未満の子供に関するあらゆる相談に乗り、問題解決のためのサポートを行います。相談によっては同じ児童相談所で相談業務を行っている精神科医や小児科医、心理判定員などと協力をしながら解決を図る...

≫続きを読む

介護教員

介護士の指導者として活躍する介護士として働いている方の中には、このまま現場で働き続けたいという方もいれば、よりスキルアップして、今よりも多くのことに挑戦できる仕事がしたいという方など、人それぞれで違った思いを持っているのではないでしょうか。もし新しいことに挑戦したいのであれば、介護教員を目指すのをオ...

≫続きを読む

サービス介助士

サービス介助士とは介護職に関連した資格には様々な種類があり、取得することでよりスキルを伸ばし、仕事の幅を広げることが出来ます。サービス介助士では、正しい介護知識と技術を身につけるのはもちろん、様々なタイプの高齢者に対して、どのように付き合っていけば良いのか、中々知ることが出来ない詳しい知識を多く身に...

≫続きを読む